測量機レンタル

サイトマップ
DAITSU 測量機、各種レンタル、修理のメンテナンス お問い合せ
修理についてのお問い合せ
       
DAITSU
STS・マイゾックス・Tajima・ムラテックKDS

国産人気メーカーグリーンレーザー

グリーンレーザー墨出器のみを集めました。

国産人気メーカーそれぞれの
特長・機能をわかりやすく解説

グリーンレーザー選ぶなら国産ブランドメーカー!!

メーカー1年保証

国内設計

最新ダイオード搭載

火災・盗難・保険付


最新グリーンレーザーダイオード搭載

レッドレーザーより鮮明!!
ストレスを軽減します!!
下の写真をご覧ください↓

グリーンレーザーレッドレーザーの違い
STS製で違いをcheck!!

グリーンレーザー

今までのレッドレーザーよりも断然見やすいグリーンレーザーは、レッドレーザーに比べて視認性約5倍(当社比)。レッドレーザーだとラインが見えにくかった明るい場所でもグリーンレーザーならくっきりとしたラインが見えます。

ダイオードの耐久性について

マイゾックス 製品同梱の保証書の保証規定によります。
ムラテックKDS 通常のレーザーダイオードと同等。
STS グリーンの場合、5,000〜8,000時間(目安)。
Tajima 約10年ほど持ちます。

ダイオードの色の違いについて

マイゾックス 波長そのままの発光(G-410R)
1064nmレッドダイオードダイオード発光を
532nmの緑色に変換(G-110S、G-210S、G-440S)
ムラテックKDS 直接レーザーダイオードよりレーザー光を照射タイプ(DSL-92RG)
赤色レーザーを色変換しているタイプ(ATL-55G)
STS 緑色レーザーもしくは赤色レーザー波長そのままの発光
Tajima 緑色レーザーもしくは赤色レーザー波長そのままの発光

ダイオードの最新と旧式の違いについて

マイゾックス 精度が良くなっています。
ムラテックKDS
STS 素子が最新はグリーン、旧式は赤→グリーンとなっています。
Tajima 基本的には変わらないが、付加費用が良くなっています。

お客様に長く安心してご使用いただくために

期間保証後のメンテナンス費用 を大公開

メンテナンス費用一覧

  STS マイゾックス Tajima ムラテックKDS
点検・調整 6,000円〜 6,000円〜 1,2000円〜 1,2000円〜

※修理については、破損している部品などによって、費用が異なります。
※送料はお客様負担となります。

レーザー墨出し器は精密機器です

墨出し器の点検・調整ご希望の方はこちら



理想は1年に1回、少なくとも
1年半に1回は精度調整が必要となります。

墨出し器はアフターメンテナンスが必ず必要になりますのでご注意下さい

墨出し器は精密機器ですので、震動や、自然にズレが出てきます。
(温度変化や車内に乗せているだけでも精度のズレは生じる可能性があります。)
アフターメンテナンス費用も含めて、墨出し器を選ばれる事をオススメ致します。

各メーカーの点検・調整について

マイゾックス 社内での修理レベルが存在し経験者が行います。
ムラテックKDS 専任担当者が行います。資格はございません。
STS JSIMAの資格を持った者が行います。
Tajima 専任担当者が行います。資格はございません。

購入後もお客様が安心・安全に
ご使用していただけるよう、アフターメンテナンスのコストを出来る限りおさえてのご提供になります。

各メーカーのポイントをおさえました。チェックポイントをご覧下さい。




乾電池とリチウムイオン電池の違いは?

  • リチウム電池は価格が高い…
  • 近くの量販店で買うことができない
  • メーカー部品供給が終わると調達出来なくなる
  • メーカーがなくなってしまったら調達出来なくなる

という多くのお問い合わせを頂きました。
乾電池or充電池の違いについては下記をご覧ください。



チェックポイント1各メーカーのバッテリーについて

マイゾックス 乾電池仕様
ムラテックKDS DSL-92RGはリチウムイオン電池式、AC接続アダプター式。
STS 乾電池仕様(専用充電池やオプションでACアダプタもあり)
Tajima 乾電池仕様

チェックポイント2各メーカーの採用レーザーラインについて

マイゾックス ラインレーザー(ドットの場合、ライン位置を早くみつけれます)
ムラテックKDS ラインレーザー(ATLD1RGのみドットレーザーを採用)
ライン上に明るくドットが照射されるのでラインの見えにくい場所でのライン位置確認に便利です。
STS ラインレーザー
Tajima ラインデーザー ラインの方が明るいため

チェックポイント3各メーカーの電子整準方式かジンバル方式か

マイゾックス G-440Sは電子自動整準、G-410R、G-210S、G-110Sはジンバル方式
ムラテックKDS DSL-92RGのみ電子整準方式、それ以外はシンバル方式
電子気泡管を使いモーターで制御しています。
現場での振動に対してラインが揺れにくく安定した整準を維持します。
STS ジンバル方式
ジンバル方式のほうが、電子整準方式より安いため、ジンバル方式を採用しています。
Tajima どちらも採用、お客様の用途により選んでいただく。
ジンバル方式のほうが、電子整準方式より安い。

STS社標準装備一覧

セット内容
本体・グリーンレーザー用ゴーグル・ターゲット板・ケース・単3アルカリ乾電池4本・取扱説明書


選べる追加オプション
セットでお得に購入!!
エレベーター三脚セット 受光器セット 三脚・受光器セット
最長1450mmのエレベーター三脚。
水平ラインの高さを調節できます!
ラインの見えない明るい場所や、屋外でもブザーとランプでラインの位置を検知できます。 エレベーター三脚と受光器が両方るくお買い得セット!

マイゾックス

ご注文はコチラ

マイゾックス

ご注文はコチラ

マイゾックス

ご注文はコチラ

ムラテックKDS

ご注文はコチラ

STS

ご注文はコチラ

STS

ご注文はコチラ

Tajima

ご注文はコチラ

安心・安全のメーカー1年保証付き

通常使用による自然故障が発生した場合、発送日から1年以内であれば無償で修理または交換を承ります。
※付属品及び三脚・受光器・その他オプション品は保証対象外です。

国内ブランドメーカーだから出来る
火災・盗難・保険付・1年間メーカー保証付

現場ではこのような状態が考えられます。
国内メーカーのノウハウをいかして保険が付いて
ますので安心してご使用出来ます。



ご注文はコチラ



レビュー

評価 5.00  ★★★★★  投稿日:2017年7月1日 TR産業開発様

マイゾックス 電子自動整準グリーンレーザー墨出器 G-440Sを購入。
やっぱり全方向にラインが出ると見やすくて使い易いです!!
グリーンレーザーよりレッドレーザーの方が見やすいと聞いていたけど、やはりグリーンレーザーの方がいいような気がします。 地墨をとるときはグリーンが良いです。

評価 5.00  ★★★★★  投稿日:2017年6月19日 造形社O様

グリーンレーザー墨出器 DSL−92RG
KDSの自動整準タイプの墨出器を使っていました。使いやすかったので、今回はグリーンレーザーを購入。

評価 5.00  ★★★★★  投稿日:2017年6月18日 建築工L様

グリーンレーザー墨出器 STS NMF-21G
以前は赤色のレーザーを使用していましたが、気になっていたグリーンレーザー墨出器の内容について、HPに詳細にのっていたので、購入を決めました。たて、よこ見やすい。メンテも充実してよい。

評価 5.00  ★★★★★  投稿日:2017年6月1日 M工務店様

ラインが見えやすいグリーンレーザーいいね。歳を取ると目が見えにくくなってきて(笑)

評価 4.00  ★★★★☆  投稿日:2017年5月18日 〇建築様

金額はやや高めでしたが、ここのHPのグリーンレーザー墨出器のページをみてアフターサービスがしっかりしてそうなので、決めました。商品も無事到着しました。

評価 3.00  ★★★☆☆  投稿日:2017年05月15日 M住宅様

グリーンレーザータイプは初めてです。一番価格の安いSTSのNMF-11Gを購入して、試しに使ってみます。

ストレートプラスチック杭 高速道路用プラスチック杭
お電話からのお問い合せ:097-545-4151 ウェブからはこちら修理についてのお問い合せ
ショッピングガイド 会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法 リンク集 サイトマップ Copyright (C) DAITSU CO., LTD. All Right Reserved.